• 1
  • 2
  • 3

沿革


明治19年5月 
 
先々代社長西井音吉が、奈良市脇戸町に燃料商店を創業

昭和4年8月     
先代社長西井三郎が奈良市南京終町(現在地)にて、たどん・練炭工場を建設し製造開始

昭和14年      
奈良県の製造製品の一本化指導により練炭製造を中止し、たどん製造のみとなり、先代社長はたどん製造配給統制組合理事長にも就任。

昭和28年9月   
株式会社西井商店を設立。同年、ガス体エネルギーとして注目され始めた液化石油ガス(「LPガス」という。以下同じ)販売事業ととも にLPガスの卸売販売事業も開始

昭和45年12月 
ガス事業法に基づく簡易ガス事業(注1)の許可を得て、LPガス販売事業者となる。

平成27年7月  
供給エリアは奈良県、京都府の2府県です。


(注1)簡易ガス事業
・一般の需要に応じ簡易なガス発生設備においてガスを発生させ、導管によりこれを供給する事業であって、一の団地内における供給地点の数が70以上のものをいう。
・ガス事業法に基づく「許可」が必要。