• 1
  • 2
  • 3

LPガスについて    


LPガスとは       
LPGという言葉は英語の”Liquefied Petroleum Gas” つまり ”液化された石油ガス”という言葉の頭文字をとったものです。別に液化石油ガスまたはLPガスと呼んでおり、石油中に含まれている炭化水素のうち、比較的液化しやすいプロパン、ブタン、プロピレンなどの混合物です。       

LPガスは、常温・常圧では気体ですが、冷却または加圧すれば比較的容易に液体とすることができるので、一般には貯蔵または容器に液体として貯蔵されます。       
       
LPガスは-42℃、ブタンは-0.5℃で液体になり、体積は気体時の250分の1となる特徴がありますので、大量のガスをコンパクトに移動することができます。       

お客様のお宅のLPガスもコンパクトな液体の状態で運ばれてボンベの中で少しずつ気体に戻されながら使用されています。