• 1
  • 2
  • 3

緊急時の対応について



地震でガスの供給が止まった場合

1.まずは身の安全を確保しましょう
※ガスご使用中に震度5以上の揺れが起こった場合マイコンメーターの安全装置が作動してガスを遮断します。

ですから落ち着いて身の安全を確保してください。




2.揺れがおさまったら、火を消してください
   ガス栓・器具栓を閉め(火をすべて消し)、二次災害防止のため、揺れが大きい時は
   おさまった後で屋外の容器バルブも閉めてください。
   ※容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右側に回すと閉まります。

3.再びガスを使用する時は次のことを確認してください
   •ガス機器周辺でガスの臭いがしないか
   •ガス機器本体に変形・破損等の異常はないか
   •煙突式など屋内外の給排気設備に異常はないか
    (外れ・凹み・閉塞がないか可能な範囲で目視確認してください)
   •ガス接続具が正しく接続されているか
    (接続具が外れていないか目視確認してください)
   •ガスメーターに破損はないか
  
★異常があった場合は至急当社までご連絡ください(0742-61-2424 年中無休)
  ご連絡の際は氏名・住所・状況などをお知らせください。
  当社より点検にお伺いいたします
  点検が終了するまではガスのご使用はお控えください。

地震後異常がない場合には、ご自身で復帰操作をするとガスを使えるようになります。
ガス栓、器具栓、容器バルブを開いてください。ガスが出ないときは、 マイコンメーターが作動して、
ガスの供給が止まっている可能性があります。 その場合は、ガス栓、器具栓を閉め、手順に従って
マイコンメーターを復帰してください。
正しくマイコンメーターの復帰操作をしてもガスが使えない場合、 弊社までご連絡下さい。



地震以外でガスの供給が止まった場合


地震が発生していないのにガスの供給が止まった場合、ガス漏れの恐れがありますので、
必要な操作を行ったあと、手順にしたがって弊社までご連絡ください。

注1.少量のガス漏れの場合、ガスは止まりません。
   マイコンメーターの表示ランプが点滅し、液晶画面にBR・Bなどが表示されます。

ガス臭いとき
ガスのにおいがするときは、ガス漏れが発生している可能性があります。
危険防止の為、以下の行動をお願いします。
(1)火気厳禁
絶対に火気を近づけないでください。タバコもすぐに消してください。

(2)着火源にふれない
引火する恐れがあるので、換気扇や電灯等のスイッチには絶対に手を触れないでください。

(3)窓を開ける
窓や戸を大きく開けて、部屋の空気を入れ替えてください。
 (LPガスは空気より重い為、低いところに溜まります。)

(4)ガス栓の閉止
ガス栓、メーターガス栓、容器バルブを閉めます。

(5)当社への連絡(0742-61-2424まで 年中無休)
 お客様のお名前
    ご住所(ガスの臭いを感じている場所)
    ご近所の目じるし
    その場の状況


ガスが出ないとき
 ガスメータにはLPガスによる事故を未然に防止するための保安機能が付いています。
    ガス漏れなどのガス使用状況の異常や地震の揺れなどを感知すると                        
 自動的にガスを止めます。
 
 こんな時にもガスを止めます
 •合計流量オーバー遮断→ガス栓の誤開放やゴムホースの抜けなどでガスが異常に流れた場合
 



•継続使用時間オーバー遮断→ガス器具の消し忘れなどで一定のガス流量を連続して長時間使用
  し続けた場合
 




•増加流量オーバー遮断→増加流量が消費量最大の燃焼器の消費量に比べて異常に大きい場合

このような場合もマイコンメーターの復帰操作を行っていただくと
ガスが使えるようになります。