• 1
  • 2
  • 3

よくあるご質問


もしも……のときは(LPガスの安全について)
 

Q:もし地震がおきたときは、どうすればいいですか。
A:揺れがおさまったら、ガス栓・器具栓を閉め、ガス漏れなど異常がないか確認してください。異常があればガスのご使用は控えて、至急当社までご連絡ください詳しくは緊急時の対応について”をご覧ください
 

Q:ガス臭いと感じたときは、どのようにすればいいですか。
A: 火気は絶対に使用しないでください。コンセントやスイッチに触れないでください。 戸や窓を大きく開けてガスを外に追い出してください。 すべてのガス栓・器具栓をしめてください。至急当社までご連絡ください。詳しくは緊急時の対応について”をご覧ください

Q:ガス警報器はなぜ必要なの?
A:ガス漏れ事故のほとんどは、「ガスをつけたつもり」「ガス栓を閉めたつもり」「すぐに戻るつもり」などの人為的ミスが原因となっています。ガス警報器を正しく設置していれば、ミスによる事故を警報してくれます
    

Qガスが出ない。どうすればいいですか。
A:ガス臭いなど異常がなければ、ガスの流量オーバーや継続使用時間オーバー遮断が考えられます。
ガスメーターの復帰操作を行っていただくとガスが使えます。
詳しくは”マイコンメーターの復帰方法”をご覧ください。

   
Q 先日「設備調査点検のお知らせ」がポストに入っていた。受けなければならないものですか?
A:皆様の安全・安心のため保安機関として認定を受けたLPガス販売店または販売店から依頼をうけた
保安機関が、法律(液化石油ガス法)にもとづき、4年に1回以上調整器の機能点検、配管のガス漏れ調査、ガス機器や給排気設備の調査など、ガス設備全般について点検・調査します。ご協力お願いいたします。

LPガスの良さは

Q:LPガスは災害に強いと聞きますが、どんな特徴があるのですか。
A:LPガスは「分散型」と呼ばれている供給形態をとっています。                            
一戸ごと個別に供給しているため配管など供給設備の点検が短時間で済みます。その場で修理することができるため迅速な復旧が可能です。                            
これまでの地震などの大規模な災害時において、どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。その中でLPガスは復旧の早さや避難所・仮設住宅などに迅速に対応してきたことなどから、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。                            
                          

Q LPガスはクリーンなエネルギーと聞きましたが
A:LPガスは、大気汚染の原因となる窒素酸化物や酸性雨の原因となる硫黄酸化物の排出がほとんどなく、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素の排出量も最も少ない環境にやさしいクリーンエネルギーです。


お引越のときは

Q:引越してガスを使えるようにしてもらうには、どこへ連絡すればいいのですか
A:当社までご連絡ください。
詳しくは “ガスの開栓・閉栓” についてをご覧ください
    

Q:引越しの手続きは、いつまでにすればよいのですか
A:お引越しの日時が決まりましたらなるべく早くご連絡ください。
即日のご対応が難しい場合がございます。

LPガスの料金について

Q:LPガスと都市ガスとの料金制度の違いは。
A:都市ガスとLPガスの料金は単純には比較できません。
LPガスは都市ガスに比べ同じガス量でも発生する熱量が約2.2倍高いのが特徴です。
(例)LPガスの発熱量 約24000kcal/㎥・・・①
  都市ガスの発熱量 約10750kcal/㎥・・・②
   ①÷②≒2.2
LPガス 20㎥ ≒ 都市ガス 44.6㎥

Q: LPガス料金の内訳がわからない。
A:当社では基本料金と従量料金の二部構成により設定されている料金制度を取っております。
    基本料金:ガスの使用量とは関係なく、ガスの安定供給のための固定的に発生する経費をもって構成されています。
         供給設備の償却費・・・容器、自動切替装置、ガスメーターなど
              管理費・・・賠償責任保険料・設備点検・調査などの保安管理費、検針等
     従量料金:ガスの使用量に応じて発生する経費をもって構成されています。
          仕入代金、配送費、販売のための経費など
詳しくは”LPガス料金について”をご覧ください